ワインストーリーズ

 

「鶴沼トラミーナ」「鶴沼ゲヴュルツトラミネール」

北海道ワインの最高品質のワインが『鶴沼』シリーズですが、その中でも異彩を放つのが、「鶴沼ゲヴュルツトラミネール(トラミーナ)」です。

「鶴沼ゲヴュルツトラミネール」は、2010年産までは「鶴沼トラミーナ」として発売されていたため、当社のワインをご存知の方にとっては、「鶴沼トラミーナ」のほうが馴染み深いかもしれません。

2007年産の「鶴沼トラミーナ」は、2009年の『国産ワインコンクール』において、北海道ワインとしては2回めの金賞を受賞しています。現在までに「鶴沼ゲヴュルツトラミネール(トラミーナ)」は、2013年(銀賞)、2012年(銀賞)、2010年(銅賞)、2006年(銀賞)、2005年(銀賞)、2004年(銀賞)と、輝かしい経歴を持ったワインなのです。

ここでは、この北海道ワインの優等生あるいは、異端児とも言える「鶴沼ゲヴュルツトラミネール(トラミーナ)」にスポットを当てます。

トラミーナ
(ゲヴュルツトラミネール)

葡萄樹「ゲヴュルツトラミネール(トラミーナ)」

鶴沼ワイナリーの葡萄樹ゲヴュルツトラミネール(トラミーナ)は、ワイナリーの現役で葡萄を収穫しているものの中で、最も古い葡萄樹のひとつです。

ゲヴュルツトラミネール(Gewürztraminer)は、ドイツが原産地と言われる葡萄で、ドイツのほか、フランスのアルザス地方など冷涼な地域に植栽されている葡萄です。ドイツより招聘した技術指導員グスタフ・グリュン氏が、30数年前にこの葡萄樹を植栽したのは、北海道が気候として似ていることも一因でした。

トラミーナの植栽

来日したグスタフ・グリュン氏は、懐かしそうに当時植栽した葡萄樹と記念撮影しました。

鶴沼ワイナリーとゲヴュルツトラミネール

ここで、北海道ワイン直轄農場である「鶴沼ワイナリー」齋藤農場長に、ゲヴュルツトラミネールについて聞いてみます。

まず、ゲヴュルツトラミネールとはどういう葡萄でしょう?
[齋藤農場長]
 Gewürzとは、ドイツ語でスパイスつまり香辛料の意味で、この葡萄が持つライチの香り、グレープフルーツまたは藤色のバラの香りとも表現される非常に強いアロマに由来します。一方、Traminerは、南チロル地方の村Tramin(現在もイタリアのトレンティーノ・アルト・アディージェ州に人口約3200人の村として存在する)に由来し、現在も南チロルの一部では栽培が続けられています。これが近世になってから、ドイツのファルツを経由して、フランスのアルザスやジュラに持ち込まれたとされています。

北海道ワインにとっては、どういう意味合いのものなのですか?
[齋藤農場長]
 1980年に植栽されこれまで数多くの社員の手により栽培管理され続け現在に至っているのが、ゲヴュルツトラミネールです。植栽開始当時は栽培管理のマニュアルも何も無く、全てが試行錯誤の連続でした。不可能から可能へ果敢に挑戦し続けた結果の上に現在があるのだと感じます。

今後は?
[齋藤農場長]
 先人たちの汗が染みこんだ土地にこれからは私たちが汗を流しコツコツ継続し発展し続ける事が今の私たちの使命だと考えています。

鶴沼ワイナリー 齋藤農場長

鶴沼ワイナリー 齋藤農場長

ゲヴュルツトラミネール スペシャルキュベ 2013

国内外のワインコンクールで数々の受賞の栄誉に輝いた鶴沼シリーズの中でも、国内では希少品種で、特に秀逸な品質と将来性を感じさせる「ゲヴュルツトラミネール」。鶴沼のゲヴュルツトラミネールには、ワイン用垣根式栽培としては、日本最古の樹(樹齢36年)が含まれ、厳寒な鶴沼の気候を克服してきた歴史が凝縮されています。広大な鶴沼の葡萄畑の中でも、この古木を含む、特に上質な結実を得る区画より、2013年秋に、手摘みで大切に収穫した3t程のゲヴュルツトラミネールを、単独仕込みで丁寧に醸造しました。

通常の鶴沼シリーズでも、充分過ぎる程のポテンシャルを持っておりますが、その中でも特に厳選した区画(葡萄)を選りすぐり、小さめのタンクで単一醸造し、その品種が持つ王道のスタイルを徹底的に追求したワインを「スペシャルキュベ(特別ロット)」として、上級ワインに位置付け、このゲヴュルツトラミネールが、そのスペシャルキュベ第1号酒となります。 

鶴沼ゲヴュルツトラミネールスペシャルキュベ

「この品種が持つ、伝統的且つ王道な味わいとは何か」を追求する為、葡萄畑から醸造に関わるセクションの責任者が熟考を重ね、当社が考える「ゲヴュルツトラミネールの王道とは」にひとつの答えを出しました。通常の鶴沼シリーズに見られる「柑橘」の方向性よりも、この品種特有のライチ、熟した白桃、シナモンなどの香辛料のフレーヴァ―が際立ち、酒質のボリューム感や、複雑味、余韻の長さにも言及。目を閉じて飲めば、複雑に湾曲した太い古木の幹に、鬱蒼と苔生した堂々たる葡萄樹をご想像頂けると思います。悠遠なるワインの味わいを、大きめのグラスでゆっくりとしたお時間をお過ごし頂ければ幸いです。

 

「味わい」について

ここで、味わいについて、北海道ワイン 品質管理室 河西室長に解説してもらいます。

[河西室長]
 ゲヴュルツトラミネールという品種は、厳しい気候条件である北海道の気候風土にマッチし、日本国内では鶴沼ワイナリーで最も多く安定して栽培されています。北海道産ならではの特徴的な香りと味わいをもち、フランスのアルザス産と比較すると、よりクリーンでフレッシュな印象が感じられます。今回のスペシャルキュべに関しては、36年樹といった古木の区画から収穫されたブドウも含んでいますが、全体としては活き活きとした力強さも感じられ、豊かな酸とやさしい甘味が心地好く、バランス良く仕上がったと思っています。醸造面では香りの特徴を損なわぬよう注意を払い、酵母の選択や発酵温度の管理を行いました。1年間の瓶熟成でようやく飲み頃を迎えたところですが、今後の熟成でさらなる品質の向上も期待出来るワインです。

品質管理室 河西室長

ゲヴュルツトラミネール スペシャルキュベ 2013 テクニカルデータ

名称 鶴沼ゲヴュルツトラミネール スペシャルキュベ 2013
容量 750ml
アルコール度数 12%
総酸 8.50 g / l
還元糖 26.1 g / l
原材料 北海道浦臼町鶴沼産ゲヴュルツトラミネール種、酸化防止剤(亜硫酸塩)
打栓方法 コルク
生産本数 2,576本 限定醸造
酒種/飲み口 白ワイン/やや甘口

 

鶴沼ゲヴュルツトラミネール

鶴沼ゲヴュルツトレミネール
2013鶴沼ゲヴュルツトラミネール 2013鶴沼ゲヴュルツトラミネールスペシャルキュベ

白・やや辛口 アルコール度数11%
720ml ¥3,456(税込み)
購入はこちらから

白・やや甘口 アルコール度数12%
750ml ¥5,400(税込み)
購入はこちらから